2006年7月22日 (土)

日本沈没より三丁目の夕日

先日「日本沈没」を見てきました。
CGは実にリアルで素晴らしかったのですが、日本が沈没してなくなるというとてつもない事態を迎えているのに、どうも切迫した緊張感や恐怖感が描ききれていないというか、リアルさが感じられませんでした。結局期待していただけに評価はダメ映画です。
ついでに言っておきますが、映画館での音響の迫力はスゴイとか言うけど、家でちゃんとしたサラウンドシステム組んでたら、絶対家の方が音いいですから。そもそも映画館の音はでかいだけです。

もひとつダメだったのが、映画館での出来事。
席は一番目でスクリーンを見上げるような位置だったのですが(個人的には嫌いな位置ではない)、隣の席の「バカップル」の痴態です。上映中イチャイチャするわ」、携帯のメールをしょっちゅう確認するわ、あげくに何度もキスをしあったりで呆れました。
映画館ではイチャイチャするものとでも思ってるのでしょうか。氏ね!

家ではレンタルDVDを見ました。
「ALWAYS 三丁目の夕日」です。やっぱこういう映画大好きです。
すごく心が暖まりました。おすすめしておきます。

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版

あと「容疑者 室井慎次」と「タッチ」。「容疑者 室井慎次」は全然つまらん。
「タッチ」は長澤まさみがかわいいだけで、特に感想なし。しいて言えば、今、例の事件で話題の欽ちゃん球団が出ていたこと。それにしても、山本圭一、バカだよね。
これで楽しみにしていたTVドラマの「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」(奴も出演していた)が放映中止だか延期だとか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年4月10日 (月)

『サンダーパンツ』笑えて泣けるおバカ映画!

『音』の話題から少し遠ざかっていたので、今日はその音に関する話題です。
(こじつけですが・・・)

『音』といえば、おなら、『屁』ですね(何でやねん!)

ブー、とかブリブリ、とか、プスー、とか・・・・

かく言う私も、子供の頃から「屁こき虫」と言われるほどよく屁をこいていました。
体質ですから今でも・・・

いろいろとおもしろい映画を配信してくれるGyaoですが、先日の「大怪獣東京に現る!」に続いて、今度はその『屁』にまつわる、「サンダーパンツ」なる超おバカ映画を楽しませていただきました。

生まれつき胃が二つあって、超くさい『屁』をこきまくるイギリス少年の夢は「宇宙飛行士」になること。しかし彼はその特異体質ゆえ、学校の仲間にもいじめられ友達がいない。唯一、ロケットを飛ばす夢を持つ、超天才科学オタク少年だけが彼の親友となる。この超天才科学オタク少年が彼のために発明したのが『サンダーパンツ』。

この『サンダーパンツ』と二人の熱い友情が、とんでもない展開で、やがて屁こき少年の夢であった宇宙飛行士になる夢を実現させる。

ホント、おバカな映画で、最初から笑いっぱなしなんですが、「友情の素晴らしさ」や「自分のコンプレックスにいじけるんではなく、むしろそれを克服して武器にすれば英雄にもなれるんだよ!」みたいなメッセージが秘められており、最後の宇宙に飛び立つ前のシーンなんかは涙なしでは見られない!(ちょっとオーバーか?)

超すすめです!

DVDも発売されてる見たいです。

サンダーパンツ! デラックス版 DVD サンダーパンツ! デラックス版

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2004/04/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

大怪獣東京に現る!

怪獣出現に慌てふためく人々の姿を描いたパニック・コメディ。
タイトルの“東京”“大怪獣”はいっさい出て来ず、「怪獣が出ない怪獣の映画」なんですが、何気に超おもしろいというか、引き込まれてしまったよこの映画!
とにかく、GyaOで今配信されてるから見てみて!
「難波金融伝 ミナミの帝王」で有名なあの竹内力が意外な役柄で突然出てきたりして、これぞ、日本のB級娯楽映画って感じで、好きです。

あらすじ・・・・
福井県坂井郡三国町。昼下がり、ごく普通の主婦・君枝(桃井かおり)がテレビのワイドショーを見ていると、東京に大怪獣が現れたという緊急ニュースが入る。君枝の友人の主婦、自分史の原稿の追い込みにかかっている老人、新興宗教の信者の女などなど、住民たちは皆そのニュースをまるで他人事のように聞いていた。しかし、福岡県に第2の怪獣が現れ、怪獣が福井県にやってくる可能性が出てきた時、ようやく住民たちは大騒ぎに…!

| | コメント (0) | トラックバック (0)